• このエントリーをはてなブックマークに追加

人気が高い電子タバコとメンソールのリキッド

日本では、電子タバコが流行っています。電子式のタバコには、大きく分けて2種類あります。ひとつは、タバコの成分を充電式の道具に装着し、加熱して吸うタイプで、もうひとつは、道具の中の液体を電気で加熱して気体化したものを吸うタイプです。 通常のタバコは、タバコの葉に火をつけて煙を吸いますが、電子式のタバコの場合は、電気で熱して使います。電子式のタバコが初めて実用化されたのは、中国でした。ある漢方医が2003年に実用化したものの、まったく売れなかったのです。ただ、アメリカやヨーロッパでは人気が高く、急成長を遂げています。2047年までには現在のタバコ市場を上回るという予測も出ています。電子式のタバコを利用しているのは、喫煙者または元喫煙者です。日本では、デパートやネットショップでよく売れています。

第1世代から第3世代の電子タバコ

第1世代の電子式タバコは、従来のタバコと似た外観で、バッテリー、本体、カートリッジで構成されています。カートリッジをケースから出し、充電が済んだ本体にカートリッジをセットをして、スイッチボタンを押します。すると、カートリッジ内のリキッドが霧状化して、吸い口からミスト状の希釈液が放出されます。吸って吐き出すと、煙のように見え、火を付けて吸っているように見えます。 第2世代は高容量になり、液体を後から補充できる噴射器によってコストを減らすことが可能です。カートリッジや詰め替え用の液体は、ニコチンの含有量によって種類が分かれています。中には、ニコチンを含まないものあります。2014年になると、第3世代のタバコが広く普及するようになります。液体を補充する噴射器と、大容量のリチウム電池のバッテリーを使って電子式のタバコを楽しむことができます。

充電が必要な電子式のタバコと人気のメンソール

電子式のタバコは、火は使わないものの、充電が必要になります。日本では、電子タバコの人気が高く、ネットショップでは多くの電子式のタバコが販売されています。メンソールなど様々なフレーバーのリキッドがあり、男女を問わず多くの人が購入しています。 昔から根強い人気を誇っているのが、メンソール系のフレーバーですが、最近は、女性向けの甘いフレーバーも人気があります。数が多いので、どのフレーバーを使うか迷う人も少なくありません。フレーバーを選ぶ場合は、実績があり、安全性と信頼性が高いショップから購入することが大事です。ネット上には、電子式タバコ、フレーバー、ブランドについての比較サイトも増えています。かなり詳細に調べて比較しているサイトも多いので、購入で迷っている人は参考になります。

ピックアップ記事

リキッドを使う電子タバコは煙が出ません

近年になってタバコを吸うという習慣は歓迎されないものになってきています。公共の場ではもちろん吸うことができる場所が限定される傾向がありますし、家庭の中でも気を使う場合が少なからずあると考えられます。こ...

電子タバコのリキッドはニコチンとは無縁です

最近では喫煙者は社会の中で肩身の狭い思いをしているケースが少なくありません。一昔前までは自宅内でタバコを吸っていたとしても誰も咎めないのが普通でしたが、最近では自宅でタバコを吸う時でもベランダに出るな...

フルーツ味も楽しめる電子タバコのリキッド

普通のタバコは銘柄が違っても味の種類はほとんど変わらないので、通常タイプとメンソレータムの違いくらいしか感じられません。電子タバコならリキッドの種類を変えれば普通のタバコと同じような味のほかにも目新し...

人気が高い電子タバコとメンソールのリキッド

日本では、電子タバコが流行っています。電子式のタバコには、大きく分けて2種類あります。ひとつは、タバコの成分を充電式の道具に装着し、加熱して吸うタイプで、もうひとつは、道具の中の液体を電気で加熱して気...